2007年05月21日

オランダING、日本でネット銀 外資初の単独参入、年内開業目指す

オランダING、日本でネット銀行 外資初の単独参入、年内開業目指す

 オランダの金融大手INGは16日、日本でインターネット銀行を設立する計画を発表した。異業種参入が相次ぐ日本のネット銀行業界に外資として初めて単独参入する。金利先高感を背景に有利な運用先を求める個人マネー争奪戦が一段と激化しそうだ。

 関係者によると、INGは2006年秋から決済システムの安定性や法令順守態勢などの整備に着手。このほど金融庁に予備免許の認可を申請した。今夏にも正式に免許を取得後、「INGダイレクト」の名称で欧米・アジアで先行展開するネット銀行を資本金数百億円規模で設立し、年内の営業開始にこぎつけたい意向だ。

 新銀行ネット経由の預金受け入れや個人向け住宅ローンなどの貸し出し業務のほか、ING生命保険(東京)と代理店契約を結び、ネット上で変額年金保険などの資産運用商品を販売する計画とみられる。

 INGは欧米の有力金融機関の中でも英HSBCと並んでネット金融サービスのノウハウが豊富とされる。日本では、安い手数料で外貨預金のシェアを伸ばしてきたソニー銀行や、比較的高金利の定期預金が売り物のイーバンク銀行など3行が開業後7〜8年目を迎え、利便性を売り物に個人預金の獲得にしのぎを削っている。

(フジサンケイビジネスより引用)



ネット銀行とネットバンキングのサービス トップへ
posted by ネット銀行 at 12:37| Comment(17) | TrackBack(4) | ネット銀行とネットバンキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。